ウッドデッキならワールドフォレストへ。関東エリアでウッドデッキ専門施工会社 ワールドフォレストへお任せください。耐久性のある木材を使っております。

ワールドフォレスト

ウッドデッキのことなら
ワールドフォレスト

高耐久ウッドデッキ10年保証

使用する木材について(詳細)detail of timber

いざウッドデッキがほしいと考えても、どの木材が一番いいかのか迷います。
「そこが知りたい!」そんなお客様の参考になるよう、経験豊富な施工スタッフがまとめたそれぞれの木の特徴をご紹介いたします。

ウッドデッキ材の長所と短所

R-WOOD再生木(人工材)

R-WOOD再生木のイメージ
長所
天然木のような色落ち(白木化)がなく同じ色で楽しめる。また天然木のような干割れ、ささくれもおきないので、安心。腐食、シロアリにも強く高耐久。
短所
炎天下ではデッキ面が熱を持つので素足は不可。

クマル材(原産地:ブラジル)

クマル材のイメージ
長所
イペ材似ている、高比重、高耐久
短所
安定供給は不明

イペ材(原産地:ブラジル)

イペ材のイメージ
長所
形状安定性、耐久性が抜群に良い。シロアリにも強い。供給も比較的安定していたが、昨今は価格高騰
短所
ささくれ、逆目、あり。樹液がアレルギーを起こす可能性あり。

ウリン材(原産地:マレーシア)

ウリン材のイメージ
長所
形状安定性、耐久性が抜群に良い。シロアリにも強い。
短所
樹液が多い。割れやすい。保護樹種として規制強化。供給不足、価格高騰など

セランガンバツ(原産地:インドネシア)

セランガンバツのイメージ
長所
耐久性は15年程度、比較的安定供給。加工性が良い。
短所
ささくれ、形状安定性に問題あり。材料により品質にばらつきがある。ピンホール穴が若干ある。

イタウバ材(原産地:ブラジル)

イタウバ材のイメージ
長所
比重からの推測で耐久性はイペ、ウリンに劣が、加工性が良い。ささくれはほとんどなく、表面はなめらか。安定供給は不明
短所
材料にまだら模様あり、但し経年変化で消える。形状安定性に多少問題あり。

ピンカド材(原産地:ミャンマー)

ピンカド材のイメージ
長所
高耐久、形状安定性問題なし。建具にも使用できる。
短所
安定供給はほとんど不可能。

マサランデューバ材(原産地:ブラジル)

マサランデューバ材のイメージ
長所
高耐久、シロアリにも強い
短所
形状安定性に問題あり。供給に問題あり

サイプレス材(原産地:オーストラリア)

サイプレス材のイメージ
長所
シロアリに強い、耐久性は15年程度
短所
規制により安定供給はむずかしい。節が多い、節抜けの穴が開くことも。

レッドシダー材(原産地:北米)

レッドシダー材
長所
耐久性は5,6年程度、加工性は良い。木のぬくもりがある。
短所
耐久性を考えまめな塗装計画が必要

ワールドフォレストでは従来、上記の木材を使ったオリジナルウッドデッキを製作いたしておりますが、天然木材の在庫状況は変動いたしますのでご了承ください。

また今後、環境問題を配慮し、天然木材の使用は自主的に減らす方向にあります。