2017年4月神奈川県大和市での施工例です。

御客さまのお悩みはご購入したお住まいの庭が、もともとあるお隣の塀が

見える関係でどうしても暗くなってしまう事でした。実は市街地に新居を

購入するケースでは良くあるお悩みで、隣接する塀がリビングの真ん前にある

ケースも良くあります。

弊社ではこのようなウッドデッキの施工を多数行ってきておりますが、

お勧めはフェンスを思い切ってホワイトにすることです。ほとんどの方がその

ビィフォーアフターに驚かれます。お庭が変わるだけでなくリビングなど

部屋の中も明るくなるのを実感できます。太陽の動きにあわせてフェンスに

反射した日の光が部屋の中を明るくします。

また、この施工例のようにデッキも明るめの色にすることでより相乗効果

が生まれます。リビングから見たお庭が以前とは別世界になります。

その他のご提案としては今回のお客様はまだ小さいお子様がいるので、勝手に外に

飛び出さないように扉も2箇所設置しました。

施工面積は約10m2とそれほど大きくはないウッドデッキですが、ガーデン

テーブルやベンチを置ける十分な広さです。今まではあまり庭に出る機会も

なかった施主さまですが、ウッドデッキと目隠しフェンスができたことで

これからは庭が生活の一部として頻繁に活用する空間になります。お子様は

夏がくれば定番の水遊びも楽しくできそうです。

ウッドデッキの材質は弊社オリジナルのアールウッド人工木材で構造部も

同じアールウッドです。フェンスも同じくアールウッドのベージュにホワイト

仕上げになります。