「お庭にウッドデッキを」と希望で、検索いただき弊社がヒットしました。

私道・歩道から庭やリビングが見通せてしまうことを遮りたい、

せっかくのお庭なので「夏は夕暮れから1杯」や「バーベキュー」のしたい希望をカタチにしています。

 

材料は、価格面でも評価の高い人工木、色味は人気色ブラウンで施工しています。

 

庭の出幅は2.7mもありますが、ウッドデッキのサイズを1.8mとしました。

これは、庭全面にウッドデッキを敷き詰めるわけではないので、人が歩く導線を確保するうえでも

多少の庭部分の残しは必要です。今回は荷物を持っていても通れる90㎝ほどの余裕をみています。

 

視線を遮る目隠しフェンスは、高さ設定をデッキ床面から1.4m、地面からでは1.8m超としています。

もちろん背の高い人が道を歩いていれば例外ですが、大半の人は、デッキにいる施主様や

リビングルームを見ても「みづらい」状態のフェンスとなっています。

すき間は、人工フェンス材の厚みと同じ12ミリとしています。

真正面から見れば隙間が空いていますし、風も抜けます。しかし、木の厚みと同じ寸法の

すき間設定であれば、少しでも斜めに見ると、木の厚みが邪魔をして、見えづらくします。

これで、あまり視線を気にすることなく、気軽に楽しめます。

 

L型のロングステップは、メインステージと勝手口とを結ぶ、渡り廊下の側面に設定しています。

メインデッキと渡り廊下のどこからでも昇降しやすいようになっています。メインデッキなどに

腰を掛けてステップに足を乗せれば、ベンチのように使え、多人数での使用でもいいですね。