2017年 10月 東京都杉並区のウッドデッキ施工例です。

お客様は約1年前に弊社にお問い合わせいただき、その後しばらく

ご検討の時期を経て、再度ご相談いただきました。

当初のプランから今回は庭の植木などをなくし、思い切って

サイクルポートにする計画になりました。弊社のご提案は既製品の

サイクルポートではなく全体のデザインに合うパーゴラ風のサイクル

ポート(駐輪場)のご提案になりました。まず、デザインを考えるに

あたり既存のアルミ縦格子のフェンスの雰囲気を壊さない事でした。

特にフェンスなどのデザインは家全体のイメージにも影響を与えます

慎重に検討を重ねご提案したのが、コーナー部に既存フェンスと同じ雰囲気

の縦格子(和風)フェンスの採用でした。御客さまは当初より道路側からの

目隠しをご希望でした。その為できるだけ圧迫感がなく尚且つデザインの良い

フェンスをご希望で考慮した結果部分的に格子を採用し、色調も落ち着いた

ブラックブラウンのアールウッドに決定しました。

パーゴラはウッドデッキにとってほぼ必需品のアイテムになりましたが、

今回のケースではウッドデッキの為のパーゴラと言うよりもむしろ、自転車

置き場の屋根という、実用性重視でデザインはなおざりになりがちなものを

ウッドデッキや家の外観にマッチしたデザイン性の高いサイクルポートを

を施工しました。当然多くはないケースですがオーダーメイドを基本にしてる

からこそ実現できたプランです。