背の高い特徴的なフェンスを設定したことで、

目線を気にすることなくウッドデッキ生活を楽しんでいただける例をご紹介します。

 

新築完成前からご相談をいただき、完成間もない状態で施工となりました。

 

大きさ的には、平均的な10平米で台形型の人工木ウッドデッキになりますが、

一瞬見て、もう一度まじまじと見てしまうほどフェンスが高く、一番高い所で2.2m。

ウッドデッキの床面までの高さを加算すると、なんと2.7mほどです。

そして、弊社で人気のウェーブ(波型)にカットされたデザインが視線を集めます。

 

そもそも、河川敷遊歩道が眼前に広がる土地柄でしたので、遊歩道から見下ろせば、

何もない状態であればリビングも丸見えという環境です。

上からの目線をすべて遮るには、3.5mを超える設定をしなければならなくなり、

とてもではないですが、リビングが暗くなったり、圧迫感が大きくなり現実的ではありません。

室内から一番気になる部分のみを2.2mと高く、家側に向かって少しずつ高さを下げ、

平均1.9mほどで、シンプルな縦貼りだけではなく、デザインフェンスとしました。

 

フェンスとしてもう一つは、家前の車道を通る車や人の目線・視線を遮るために、

横貼りより効果のある縦貼りにしてすき間を1cmほどにしています。

すき間を0(ゼロ)にすると風抜けもせず、息苦しさを感じるほどになってしまいます。

1cmであっても、デッキ上でいて、プライバシーが守られてる感じになっています。

 

施主様の「大型家電等々を室内に搬入する際、玄関よりもリビング側から搬入する方が理想」との

ご希望でもありましたので、フェンスと同じ高さで、幅も1mを超えていますので、

とても大型になりますが、扉の設定も請けています。

このように将来的な使い勝手の要望がある場合、可能な限り調整施工をしていますので、ご相談ください。