2017年 9月  埼玉県所沢市のウッドデッキ施工例のご紹介です。

施主様が弊社の湘南事務所にご相談されたのが7月でした。もちろんこの夏に

お子様がプールで水遊びするためのウッドデッキが欲しいとの事でした。

ウッドデッキの施工は春夏という繁忙期があり、弊社もその例外ではなく

この時期は2か月先まで予定が入っておりました。お客様にはこの夏のプールは

むりではとのご相談もしましたが、それでもウッドデッキは欲しいとのことで

なんとか9月に入って工事にお伺いしました。

ご希望は現在天然芝のお庭にウッドデッキをめいいっぱい作りたいとの事で

したが、問題は土地が微妙に台形になっていることでした。当初は各メーカーの

ウッドデッキを検討されましたが、変形地に対応できるメーカーは弊社のみになり

施工にいたりました。人工木材のウッドデッキが通常変形地に対応できない理由は

構造材が金属製の鋼材を使用しているメーカーが多く、鋼材は変形地などで融通が

効かないのが理由です。弊社の人工木材アールウッドは構造材も人工木(日本発)

でその構造材は天然木(ハードウッド)と同じ使い方が可能です。特に庭などの

場合は束柱などで強度が補完できるので全て人工木アールウッドで施工が可能です

お子様のプール遊びは来年の夏に先送りになりましたが、実はウッドデッキの

一番良い季節は秋や春と言うお客様も多くなっております。確かに真夏は暑く、

蚊などもうるさいですが、秋はほどよくアウトドアライフができる季節です。