中古物件で購入した高級マンションのベランダに、施工されていたウッドデッキの傷みが出てきていたことと、ささくれが出ていることが理由でリフォームを検討されていました。。ささくれが出ない材料で、しかも貴重な天然木を使わないエコの観点から人工木材を選択いただきました。

ベランダデッキにおいて、使い勝手の良さとささくれなどでケガをしないなど、当たり前の条件を満たしているのは人工木材です。もちろん家計にも優しいです。また、現在主流となっているフローリングの幅広板に近い寸法ですので、施工した時でも見た目の違和感はありません。あわせて、壁の凸凹や多角形などの変形対応は、一つ一つ切り揃え、配管周りは丸くくり抜き、斜め部分も角度を合わせて切り揃えるオーダーメードならではの仕上りです。

今回は、「色味は似せず、茶系の塗装希望」ということでしたので、フローリングが延びたように板目の向きを合わせ、「ウォールナット」という濃い茶色で塗装をしました。汚れが目立ちづらく、天然木に近い色味が出ることから人気ある塗装色です。

床板の高さを調節することで部屋から出た時の段差を極力減らすことができます。サッシ部分の段差はどうにもできませんが、フローリングからの一歩目の間隔が違います。ただし、バルコニーのような屋根や庇部分がない箇所ではお勧めできません。デッキに溜まる雨水が部屋内に侵入をする恐れが出てくるからです。弊社では状況によっていろいろなご提案をさせていただきます。