3方が住宅で囲まれ、幅が7.8メートルを超える大きな庭を、植栽・花壇、家庭菜園、デッキなどで

3分割して彩る計画案にお力添えができた案をご紹介します。

3分割した庭の真ん中に2.7メートル幅のデッキと、家側から出幅1.2メートルの渡り廊下が

接続された、モデルさんが歩くランウェイ風ステージデッキとなっています。

通常なら角の直角が出てしまう箇所には、施主様のお子さんが万が一ぶつかってもケガの無いよう

角丸曲線処理を施しています。ぶつかって痛い思いをすることへの配慮とともに、

やわらかい印象を与えることで、需要が多い処理方法です。

 

人工木のベージュ色は、明色・膨張色のため面積の数字より大きく見えると評判です。

デメリットをあえて挙げるとすれば、砂埃などの汚れが目立ちやすいことです。

もちろん、水洗い、デッキブラシなどでのこすり洗いを行っていれば、問題ないのですが、

日々の室内掃除以外での手間が増えてしまうということです。

 

オプションとして、お庭に直結する入口に扉を作成をしています。

施主様は、弊社ホームページを色々と閲覧されていたので、

弊社で人気の「ウェーブ(波型)フェンス」を応用し

「ウェーブ扉」を作成してほしいとの希望を寄せられました。

入口ということもあり、家外壁の色に合わせ統一感を持たせるため、アイボリーに塗装し、

すき間を12ミリと詰め気味に設定しています。

目隠しフェンスとは違い、極端に高くはしていませんが、波型がキレイに見えるように

最高で1.6メートルとして設定しました。