2017年9月、千葉県木更津市での施工例をご紹介します。

お住まいを購入された方で敷地に擁壁など法面がある方も多いようです。

特に擁壁部が変形地で庭として使うにしても狭いのですが実際の敷地境界

はもっと広い。何とかして有効利用したいといろいろ考えて多くの皆さまが

たどり着くのがウッドデッキです!

こちらの木更津市の振興住宅地のお客様さまも約1年間検討されて再び

弊社にご連絡いただきました。

今回の施工の特徴は高さ自体はそれほど高くない擁壁がありその道路面に

敷地境界があるケースです。設計時に検討されたのがウッドデッキの支柱を

道路面に建てる設計とウッドデッキの構造材でオーバーハングさせる設計

の2種類です。今回のケースではどちらも同じ大きさのウッドデッキが施工

できるのでコスト的な優位性からオーバーハング工法を選択しました。

オーバーハングという工法はその施工する敷地の形状や設置面の状態など

さまざまな要素を慎重に検証する必要があります。その為通常何通りも図面

を作成しシュミレーションを重ね最終的なご提案につなげます。構造材は

このような木材の強度が必要なケースでは最強のウリン材。そしてデッキと

フェンスは経年劣化の少ない人工木のアールウッドです。

オプション工事は近年定番になりつつある日除けターフ用の支柱セットです。

支柱をウッドデッキと接合することで強風時も家の外壁を傷めることなく

日除けターフを使用できるメリットがあります。