十数年前に作ってもらったウッドデッキ。当初は「耐久性がある」と言われ、検討もなく作成してもらったそうです。時が過ぎて、みるみるうちに朽ち果てて、玄関アプローチの階段にまで木くずがこぼれるほどになっていきました。花のプランターなどを置くスペースや水やりの移動にも使う導線が全く機能していなかったためご依頼となりました。

今回は、「とにかく長くもつ天然木」でとのご希望でしたので、ウリン材をご提案させていただきました。デメリットである木の変色やささくれなどもご承知いただき、施工となりました。

既残のラティスフェンスの色に近いものもご希望されたために、フェンスのみ人工木材のご提案をさせていただきました。天然木を使用し、塗装することでも近づけることはできましたが、塗装膜がはがれてきた時の修正・再塗装などの手間を施主様に取らせないようにとも考えた結果でした。結果、大変喜んでいただきましたので光栄です。

部屋からではなく、玄関先からデッキへの導線部分段差が30cm近くあり、駅の階段の段差より高かったため、長い年月の使用を考え、段差を緩やかにするためのステップ1段をオプション施工しました。