こちらの施工例は東京都町田市の閑静な住宅地で、その環境はまるで軽井沢などと似た、

別荘地のようなご自宅です。広いお庭は周囲の自然林に囲まれ、時折する音は木立をぬける

風音だけ。本当にここが東京都の一角であるのか疑いたくなるような贅沢なたたずまい

です。施主様は以前よりこのお住まいに自然に溶け込むウッドデッキを作られましたが、

10年足らずで腐食したのでこの度弊社展示場に訪れました。当然次のご計画では腐らない丈夫な

ウッドデッキ材をご検討との事で、弊社ではウリン、イタウバ、アールウッド、イぺなどで

ご提案しました。天然木材は半年程度で変色、干割れなどのデメリットもあるなどの件も

率直にご説明し、弊社で経年変化した天然木材の状態も確認しましたが、それでも天然木の

ウリン材にひかれましてウリンに決定。自然に囲まれた環境ゆえにウッドデッキも天然が良い

と言うご判断になりました。弊社はウリン材などの高級木材も自社輸入の為、お客様には

いわゆるコンテナ価格でご提供しております。例えば今回のような25m2クラスの施工では

比較にならないほどコストをおさえられます。

ウッドデッキのタイプは手すりのないオープンスタイルで庭との一体感を重要視したデザインで

まるで別荘地のウッドデッキのようです。ウリン材もやがて自然に溶け込むように色を変えていきます。

天然木材の欠点でもある変色がこちらの環境では、ウッドデッキも自然の一部として変色したり

劣化したり、ささくれたりすることがとても贅沢なことのように思われます。