2017年9月、横浜市青葉区でのウッドデッキ施工例です。

もともと購入したお住まいに古いデッキがついておりましたが、

腐食の為使用不可の状態でした。そこで弊社にリフォームのご相談

をいただき施工にいたりました。

ご希望はウッドデッキと同時に庭もリフォームしたいとのことで、

今回の工事はウッドデッキのリフォームと庭に人工芝の施工となりました。

ウッドデッキは床材やフェンスは木材の為腐食し使用できなくなりましたが、

構造部は鉄骨を使っていた為簡単な塗装程度でまた再利用できそこに弊社の

人工木材アールウッドで根太とデッキを施工しました。

ご提案は家のの外壁の色を意識したフェンスの色あい。そして、以前の

デッキより広いウッドデッキと、部屋からのアプローチもご提案しました。

庭は一部整地をして手入れの楽な人工芝を全面に敷き詰めました。

人工芝と人工木材アールウッドのコラボレーションは最近好評で多くの

お客様に採用いただいております。なるべくならメンテナンスはしたくない。

そんなお客様が増えてきた為です。

その他の工事としては、既存フェンスが低い為小さいお子様の安全上

不安があるとのことで、既存のフェンス淵に子供の足が載らないように

ウリン材を加工し施工しました。弊社では現場調査時に家族構成なども

考慮し、特に小さいお子様の安全対策はしっかりとご提案してます。

緑の人工芝とブラウンの人工木の相性は最高です。特に5年たっても

ほとんど色が変わらずつかえる。天然素材では考えられないメリット

があります。