2018年3月 横浜市緑区で新築賃貸アパートの1階4部屋分のウッドデッキを

施工しました。弊社では不動産オーナー様の御依頼で数多く賃貸物件のウッドデッキを

施工してまいりましたが、今回は新築のご計画よりご相談され施工にいたりました。

最近では少子化など人工減少の影響など賃貸のマンション、アパート経営が難しい

傾向があると聞きますが、特に1階は空き室が目立つ傾向にあるようです。こちらの

物件のオーナー様は1F空き室率を低下させる、最も強力な付加価値としてウッドデッキ

を検討されました。こちらの物件は単身者や学生向けのワンルームですが、あえて広い

ウッドデッキを設置することで、開放感のあるシングルライフをイメージできます。

今回のデザイン提案といたしまては部屋と部屋の間仕切りにポリカーボネートの

ツインカーボと言う素材を使いました。それはコストが安く、なにより光を透過し

明るくなるメリットがあります。またきちんとプライバシーが守れる曇りガラス状

になっており大変若者受けするおしゃれなデザインです。

そして何より耐久性が良くメンテナンスコストもほとんどかかりません。

ウッドデッキは勿論弊社オリジナル樹脂木デアールウッドでメンテナンスフリーと

低コストを実現しました。今回の施工で最も重視したのがオーナー様にとって初期投資

とランニングコストがかからない事です。そして何より入居者さまの快適な生活の為に

なれば大変喜ばしい事です。