ウッドデッキをDIYしようと計画していましたが、「雨でも濡れないスペース」も欲しいとのことでデッキにかかる部屋への出入り口上にパーゴラ・ポリカ屋根を付ける計画となりました。ポリカーボネートの平板をパーゴラに留めることで屋根化としています。

デッキ自体の大きさは、ほぼ庭全体の5.3メートル×2.6メートルと広いスペースです。今回は、構造材も含め総ウリン材仕上げとなっています。

フェンス自体は1.2メートル弱ですが、駐車場側から1〜2段分高いので実寸2メートルを超えます。フェンス材のすき間を狭め、見づらくすることで遮断感を出します。完全に見えなくなるわけではないので、防犯対策にもなっています。一辺は上段で2枚中抜きすることで、プライバシーを確保しつつ隣家との遮断感を緩和し、ご近所づきあいも平滑になるようになっています。

仕上がり時は日本人好みの赤茶色のウリン材は、ほかの天然木同様、経年変化で銀白色に変色していきます。木の変化を楽しみながらバーベキューやビニールプールなどでデッキ生活を楽しんで頂きたいと思います。