works

考えて、悩んで、決めてよかった♪

車を3台ほど止めれるスペースの約半分をウッドデッキにした例となります。土間をコンクートで仕上げているところでも、お子さんのいるお宅では、リビングからの段差や車もそれほど多く止めないなど使い勝手を考え、色々と悩んでウッドデ…..

WORKS NO
1727
detail

物件概要

ウッドデッキのタイプお庭用パーゴラ一戸建てお庭 施工面積15㎡
施工費用約75万円 使用木材アールウッド人工材
施工エリア東京都 工期2日
オプション工事フェンス,ステップ,パーゴラ,水洗処理工事

お気に入りリストとは?

お気に入りリストに追加すると「お気に入り施工事例ページ」に保存されます。比較・検討する際にご利用ください。
*90日間保存されます


customer's request

お客様からのご要望

要望1
車と止めれるスペース以外は全部。
要望2
ささくれがない人工木材で作りたい。
要望3
小さな子どもがいるのでフェンスも欲しい。
要望4
ステップを一部つけたい。
要望5
パーゴラをつけて拡張性を高めたい。
要望6
水洗処理をしてデッキの上で水道を使いたい。

ワールドフォレスト担当者からのコメント

車を3台ほど止めれるスペースの約半分をウッドデッキにした例となります。土間をコンクートで仕上げているところでも、お子さんのいるお宅では、リビングからの段差や車もそれほど多く止めないなど使い勝手を考え、色々と悩んでウッドデッキにと至った経緯を聞きました。
親御さんが、お子さんが遊んでいても一定の区切りができていて、目の届くところにいるだけで気が抜けるスペースがあるのはよりよい生活になります。近所の友だちが遊びに来ても、ウッドデッキに上がれるステップもあるので、お互い部屋の中を通らずに気軽です。
フェンスは、お子さん目線にとっても「壁」にならないように、高さを80センチで抑え、隙間を2センチ以上空けることで遮断感もなく、快適になっています。当然、風を遮らないので夏場の熱い時でも空気がこもりません。
また、存在感がありデッキのシンボル的なパーゴラは、直射日光を適度に遮り、下の気温上昇を抑えてくれる役割があります。さらにターフの布を巻き付けたり、ハンモックを付けたり、マリンライトを付けるなど拡張性を考えても用途があります。デッキと一緒に施工するかたが増えています。


before & after

ビフォーアフター

土間コンを施された庭に、広々としたウッドデッキが現れたことでシンボルになりますね。


ワールドフォレストのウッドデッキに関する
ワンポイントアドバイス

Question 1フェンスの向きを横にするデメリットなんですか?
Answer 1隙間が横に一定方向なので、目線も横に動きやすく切れないことです。
Question 2パーゴラの本来の役目はなんですか?
Answer 2直射日光を適度に遮り、日陰を作ることでパーゴラ下の気温上昇を抑えます。
Question 3ステップで上がった先に扉って必要ですか?
Answer 3実際の使用状況(生活スタイル)や環境による必需性が変わると思います。
Question 4小さい子どもがいるのでローデッキでもフェンスが欲しいのですが高さはどの位がいいですか?
Answer 4理解力がつく小学生2〜3年生で背が120センチほどですから、80センチほどに設定してもいいのでは。

お気に入りリストとは?

お気に入りリストに追加すると「お気に入り施工事例ページ」に保存されます。比較・検討する際にご利用ください。
*90日間保存されます