2018年4月 横浜市港南区で広大なウッドデッキが完成しました。

新築で購入されたお住まいは高台に面していて、庭も高低差があるため

広い割には使いずらいそんな悩みがありました。このようなケースでは

多くののお客様がウッドデッキなら庭が広くなるのではないだろうか?

と考える時代になりました。この物件のお客様も家の購入を御計画すると

同時にウッドデッキデッキの計画立てました。

お客様の御希望はなるべくメンテナンスのいらない、そして耐久性も良い

そしてなにより低コストのウッドデッキでした。この全ての条件を

満たしたのが弊社のアールウッド樹脂木のウッドデッキです。

今回の施工は構造部にもアールウッドを使う事でかなりコストを落とした

設計となりました。通常人工木(樹脂木)のウッドデッキは構造部に

アルミなど鋼材を使うケースが多い為、どうしても材料費、施工費が

高くなりがちですが、弊社では独自の技術開発で一定の条件下では

構造部もアールウッドの柱、大引き、根太を使う事ができます。

コストが安くできるだけでなく複雑な形状のウッドデッキも施工可能です。

今回の施工の目玉は玄関からウッドでッドデッキまでのアプローチを長い

スロープにしたことです。お子様の遊び場としてのウッドデッキですので、

このロングスロープは大変重宝しそうです。

近年ウッドデッキにスロープをお求めのお客様が多くなりました。

弊社でも3年前では年に数件のご依頼が昨年だけで10件以上スロープの

ご依頼をいただきました。使い勝手は大変良いものです。