works

オープンカフェに欠かせないウッドデッキとは

六本木のとあるビルの屋上カフェの施工例です。 広大なテラスにウッドデッキのオープンテラスを設置 雨天時も使用可能にするためパーゴラにオーニングを またカフェは当然夜も営業するので照明も多数施工。 広さは50m2以上で材質…..

WORKS NO
1767
detail

物件概要

ウッドデッキのタイプカフェ店舗・商業施設 施工面積50㎡
施工費用約350万円 使用木材アールウッド人工材
施工エリア東京都 工期2日
オプション工事パーゴラ、オーニング、照明

お気に入りリストとは?

お気に入りリストに追加すると「お気に入り施工事例ページ」に保存されます。比較・検討する際にご利用ください。
*90日間保存されます


customer's request

お客様からのご要望

要望1
ビルの屋上のカフェにウッドデッキ
要望2
多少の雨がよけれるパーゴラオーニング
要望3
夜間の照明も
要望4
メンテナンスフリーのウッドデッキ
要望5
工期の短縮

ワールドフォレスト担当者からのコメント

六本木のとあるビルの屋上カフェの施工例です。
広大なテラスにウッドデッキのオープンテラスを設置
雨天時も使用可能にするためパーゴラにオーニングを
またカフェは当然夜も営業するので照明も多数施工。
広さは50m2以上で材質は当然変色など経年変化しない
アールウッドです。大規模な工事で荷揚げもクレーンを手配
工事期間も20日前後かかりました。パーゴラは勾配のある
雨よけタイプでウリン材仕様。デッキは構造がウリンで
しっかりと不特定多数が毎日使用するのにも対応してます。
一般のウッドデッキとの大きなコンセプトの違いは、
広さがある為メンテナンスのいらない木材であることです。
 


before & after

ビフォーアフター

10年近く前の施工例ですがカフェと呼ぶにも規模が
かなり大きく、搬入にも大型クレーンを手配。


ワールドフォレストのウッドデッキに関する
ワンポイントアドバイス

Question 1店舗のウッドデッキで向く材料は
Answer 1現在では変色しないアールウッドがベストです
Question 2店舗のウッドデッキの耐荷重は
Answer 2通常一般家庭と変わりありません。
Question 3パーゴラに雨よけの設置も可能ですか?
Answer 3パーゴラの屋根にポリカやオーニングを付けます。
Question 4店舗のデッキで普段の手入れは
Answer 4掃き掃除やモップ掛けぐらいとなります。

お気に入りリストとは?

お気に入りリストに追加すると「お気に入り施工事例ページ」に保存されます。比較・検討する際にご利用ください。
*90日間保存されます