日本の戸建て住宅の標準的な風景などと申し上げますとちょっと失礼かもしれませんが

実際のところこのようなお庭が標準となりつつつあります。東京都内であることを考えれば

ある意味大変贅沢な庭付のお住まいですが、現実問題として庭ほど活用の難しいスペースは

ないのかもしれません。

こちらの施工例は東京の多摩地区三鷹の閑静な住宅地ですが、お客様のご希望は庭の有効な

利用方法でした。ウッドデッキの施工以前は雑草の生えないように除草シートを敷き玉砂利を

敷いて次の展開を模索する日々が続いておりました。リビングから庭を見るとそこは広いお庭と

お隣の家の背中が見えるだけでした。多くのお客様はまだウッドデッキという言葉も思いつかず

ただ何か足りない漠然とした不満を日々感じながら生活されております。こちらの施主さまは

たまたま弊社のHPの施工例でまったくご自身のご不満と似たケースを多くのお客様が解消されて

いるのをご覧になりました。

特にウッドデッキと一体化された目隠しフェンスは今後のライフスタイルに最も影響のある

アイテムとなります。それは窓にカーテンのいらいない限りなく開放的はライフスタイルであり、

リビングから見た庭は限りなく家の一部でありもう一つのリビングつまりガーデンリビングに

なります。デザインは限りなくシンプルですがシンプルだから飽きのこない生活の一部になるのです。

生活の一部である事は耐久性が重要であることを意味します。アールウッドのウッドデッキは

構造部もすべて高耐久でメンテナンスフリーです。一時的に美しい天然木材ではこのクオリティーは

体験できません。